2018年10月 3日 (水)

IVS Japanの会員様へ

 この秋、冬にご家族やご友人と一緒に楽しんで頂きたいワインを選びました!

 今回2種類の6本セットでとてもリーズナブルな特別価格を実現し、ご購入頂ける機会です。  

 また、ご案内するワインは通常インポートされていない為、特別感の高いご満足頂ける

イタリアワインを揃えさせて頂きました。 数量は限定ですので、お早目にお申込み下さい。

【お申込み先:アルベロジャパン㈱】  Email:  info@albero-japan.com
                                   TEL:03-3868-2048 受付時間 11:00~19:00 火曜日定休

 IVS Japan セレクトワイン 12000円(税別)セット

Ivsjapan_12000_3


 IVS Japan セレクトワイン 20000円(税別)セット

Ivsjapan_20000_3

2018年9月29日 (土)

9/27(木)元住吉のオステリア・ボッカーノにて、DOCGをテーマに

ディナータイムテイスティングを開催いたしました。

品種のもつ個性や多様性はイタリアワインの大きな魅力。

今回はブラインドで、各ワインをテイスティング致します。

42644404_795662124111000_7497859566

42672705_346025912639481_6338714169



【ワインに合わせたお食事】

Mousse di Parmigiano Reggiano パルミジャーノのムース

Insalata Mista 彩どり野菜のサラダ

42666832_172466270335959_2980518114

42659951_419197858611318_6881171403



Seppie in Zimino イカと青菜のインツェミーノ

Carpaccio カルパッチョ

42678871_481880968996749_7230351643

42738288_311509562993655_8629381276



Caprese トマトとモッツァレラ

Orecchiette con Acciughe e Broccoli アンチョビとブロコッリのオレッキエッテ

42758744_165485581000743_2938870370

42640217_1802030303242970_131070528



Tagliatelle al Ragu alla Bolognese タリアテッレのボロネーゼ

Maiale “IWACHU” alla griglia 岩中豚のグリル

42642339_335059693914967_7881368252

42689821_243777219641796_5881467183



42661581_2183870971657182_898052536

DOCGとは、
Denominazione di Origine Controllatta e Garantita
デノミナツィオーネ ディ オロージネ コントロッラータ エ ガランティータ
統制保証つき原産地呼称ワインで、イタリア政府が決める格付けでこの地域の特徴を表現している素晴らしいワイン。
その証として証明するシールが貼られている。

2017年3月現在、74銘柄が認可されている。
※Lison DOCGに関して、        
フリウリ ヴェネツィア ジューリアとヴェネトにまたがっているが1つのDOCGでカウントする

本日のワインについて、スパークリング1種と白ワイン3種類、赤ワイン4種類、合計8種類の飲み比べです。
すべてDOCGのワインです。それぞれ個性を発揮したワインをセレクトしました。
また、今回はストーリーのあるワインを厳選。自分の気に入ったワインを探す会でした。

<1本目:スパークリング>
 ワインは、コネリアーノ・ヴァルドッビアデーネ・プロセッコ・スペリオーレDOCG エクストラ・ドライ NV
 DOCG名は、コネリアーノ・ヴァルドッビアデーネ・プロセッコ
 この生産者は、カペルネ・マルヴォルティで日本に初めて輸入されたプロセッコです。
 カペルネ・マルヴォルティは、1868年にアントニオ・カペルネ氏が創設。
 日本では、1868年は明治元年です。五箇条の御誓文、(4月)江戸城無血開城の年でした。
 第二次世界大戦後、三代目のアントニオ・ジュニアはシャルマ方式をより完璧なものとしプロセッコの名を世に広めた作り手でもあります。
<2本目:白ワイン>
 ワインは、テッレ チェヴィコ アルバーナ ディ ロマーニャ セッコ
 DOCG名は、ロマーニャ アルバーナ
 この生産者は、チェヴィコ社で1950年代前半に協同組合でワインを造り始めたことから始まった。
 現在ではロマーニャ全域で、サンジョヴェーゼ種やトッレッビアーノ種などを使ったロマーニャ地方特有の伝統的なワインを幅広く生産しています。
<3本目:白ワイン>
 ワインは、ロエロ・アルネイス 
 DOCG名は、ロエロ
 この生産者は、マッテオ・コレッジアで1935年に設立。
 日本では、1935年は昭和10年です。2.26事件のあった前年にあたります。
 当初は様々な果実栽培や畜産業を営んでいましたが、ワインの生産を始め、1987年にロベルト・ヴォエルッツィオのすすめで自社醸造、瓶詰めを開始した。その後、エリオ・アルターレなどの助言を得ながらロエロの、マッテオ・コレッジアのスタイルを築き上げた。
<4本目:白ワイン>
 ワインは、タエッラ ヴェルメンティーノ ディ ガッルーラ スーペリオーレ メオール 
 DOCG名は、ヴェルメンティーノ ディ ガッルーラ
 この生産者は、カンティーナ ターニ社で1980年に設立。その場所は、ガルーラ地区のオルビア(港町)にあり、コスタ・エスメラルダ空港のそばで、オルビアの海岸からわずか15分、ガッルーラの後背地にある丘陵地帯のモンティにあります。
 メオール ヴェルメンティーノ ディ ガッルーラは、2012年がファーストリリース。その年のワインです。
<5本目:赤ワイン>
 ワインは、ルケ ディ カスタニョーレ モンフェッラート ブリック ド ビアンク
 DOCG名は、ルケ ディ カスタニョーレ モンフェッラート (2010年にDOCGに昇格)
 この生産者は、ルカ フェラリス家でD.O.C.G. ルケ ディ カスタニョーレを生産する7つの地区の中でも、最大規模の家族経営の生産者。
 ブドウ品種のルケは、ピエモンテ州、アスティの北東に位置するカスタニョーレ モンフェッラートの土着品種で生産量も少ない。
 ワインになった時の特徴は、色調は紫がかったルビーレッドでバラの花やスミレ、チェリーを思わせる非常に華やかでアロマティックな香りを放す。タンニンは、細かく繊細で、果実味が豊かでヴェルヴェットのようにしなやかな口当たりです。
 今回の目玉の1つでした。
<6本目:赤ワイン>
 ワインは、テヌータ ロンドラ ヌオーヴァ ヴィーノ ノービレ ディ モンテプルチアーノ
 DOCG名は、ヴィーノ ノービレ ディ モンテプルチアーノ
 この生産者は、ルフィーノ社で1877年に名家ルフィーノ男爵家の2人の従兄弟(イラリオとレオポルト)によって創立。
 現在は、イタリアワインにおける重鎮の一族のフォロナーリ家が経営を行っている。
 このワインは、ロンドラ・ヌオーヴァ・エステートヴィンヤードでモンテプルチアーノエリアのValiano村とAbbadia di Montepulcianoの近くで南西、南東、北東といろいろな向きの畑からのワインです。
<7本目:赤ワイン>
 ワインは、ブルネッロ ディ モンタルチーノ
 DOCG名は、ブルネッロ ディ モンタルチーノ
 この生産者は、カナリッキオで1988年に設立。場所はモンタルチーノの北東、トレニエッリ。
 現当主フランコとその父により始められたアジィエンダ(醸造所)で、家族経営。
 伝統的醸造を行ないバリックは一切使用せず、樽の材質はスラヴォニア産の高品質な物で容量は27hl、45hl、50hlの3タイプをヴィンテージの特性に合わせて使い分けている。発酵はステンレスタンクで温度コントロール機能はなく、ルモンタージュと室温調整で32~33℃をキープして醸している。
<8本目:赤ワイン>
 ワインは、バローロ・ダグロミス
 DOCG名は、バローロ
 この生産者は、ガヤ(ガイヤ)家がスペインのカタロニア地方からピエモンテ州に来たのは、17世紀半ば。1859年にジョバンニ・ガイアがワイナリーを設立。
 日本では、1859年は安政6年です。その年の翌年に桜田門外の変があった年になります。
 現当主アンジェロ・ガイアは4代目です。ピエモンテ州で初めてフランス産の小樽を使用したり、フランス系品種のカベルネ・ソーヴィニヨンやシャルドネを採用したりとその革新的な行動で知られています。バローロボーイズの一人。
 ダグロミスは、ガヤが所有する「コンテイザ」を生むラ・モッラの畑と、「スペルス」を生むセッラルンガの畑の個性を混醸したワイン。
 両村の畑は、石灰、粘土、泥土が主体の土壌で、ラ・モッラの畑には砂質もありやわらかい土壌からの個性でエレガントさとやわらかいタンニン、花の香りを与え、一方のセッラルンガダルバの畑はラ・モッラよりも150mほど高い位置にあり、粘土質が強く冷たい土壌から引き締まったボディと酸味をワインに与える。まだまだ若くて開きが遅かったが、これはこれで素晴らしいワインでした。これも目玉の1つです。

ということで、白ワインは、品種の個性も楽しめイタリアの北から南への比較テースティング。赤ワインは、銘醸で知られる州のピエモンテ州VSトスカーナ州の比較テースティングでした。
今回も偉大なるイタリアワインに感謝し、DOCGワインの飲み比べも大成功!!
次回も・・・・

【ワインリスト】
①ワイン名:コネリアーノ・ヴァルドッビアデーネ・プロセッコ・スペリオーレDOCG エクストラ・ドライ 11%
メーカー:カペルネ・マルヴォルティ
産地:ヴェネト州
ブドウ品種:グレラ 100%
醸造:ぶどうの収穫後、ステンレスタンクで発酵し、12月にブレンドして酒質を均一化したワインをシャルマ方式(密閉式タンク)で二次発酵。
   その後、すぐに瓶詰めし72時間後には出荷。
特徴:緑がかったストローイエロー。洋ナシ、白桃、白い花、ミネラル、若干のトースト香もある。
   味わいは、クリーミで果実味と生き生きとした酸と塩味のミネラルが感じられ、バランスが良い。後味に苦みがあり全体を引き締めている。
料理:アンティパスト、野菜バーニャカウダ、に合わせる。

②ワイン名:テッレ チェヴィコ アルバーナ ディ ロマーニャ セッコ 2017 DOCG  12.5% 
メーカー:グルッポ・チェヴィコ 
産地:エミリア・ロマーニャ州
ブドウ品種:アルバーナ 
醸造:ぶどうを収穫後、ステンレスタンクで低温にて約15日間の発酵。
特徴:淡いレモンイエロー。トロピカルフルーツ、白い花の香り、リンゴの香り。
   味わいは、熟成した果実味と程よい軽快な酸とミネラル。塩味のミネラルと後味に苦みが感じられるフレッシュな白ワイン。
料理:アンティパスト、サラダ、川魚料理に合わせる。

③ワイン名:ロエロ・アルネイス DOCG 2013  13%  
メーカー:マッテオ・コレッジャ
産地:ピエモンテ州
ブドウ品種:アルネイス 100% 平均樹齢は30年
醸造:ぶどうの収穫は、手摘みで、非常に軽いプレスのみで搾られ、すぐさまステンレスタンクで、
   約10日間の発酵後は、ステンレスタンク内でバトナージュしながら6ヶ月の熟成。
特徴:レモンイエロー。グレープフルーツの柑橘系、白桃の香り、白い花の香り。
   味わいは、果実味ときりっとした酸があり、ミネラルを感じ、バランスがよい白ワイン。
料理:アンティパスト、白身肉のロースト、魚貝料理に合わせる。

④ワイン名:タエッラ ヴェルメンティーノ ディ ガッルーラ スーペリオーレ 2012 DOCG  13%  
メーカー:カンティーナ ターニ
産地:サルデーニャ州
ブドウ品種:ヴェルメンティーノ 100%
醸造:1987年、標高350mの痩せた花崗岩土壌に植えられたブドウ畑の小さな区画から手摘みで収穫し発酵、熟成をさせた。
特徴:レモンイエロー色。グレープフルーツの柑橘系、黄桃の香り、蜂蜜、黄色い花の香り。
   味わいは、芳醇な果実味と程よい酸味とのバランスで骨格がしっかりある素晴らしい白ワイン。
料理:カジキマグロの料理、魚貝のスープ、サルデーニャのチーズ(ペコリーノ・サルド、フィオーレ・サルド)に合わせる。

⑤ワイン名:ルケ ディ カスタニョーレ モンフェッラート ”ブリック ド ビアンク”DOCG 2016  14%
メーカー:ルカ フェラリス
産地:ピエモンテ州 カスタニョーレ モンフェッラートは、アスティの北東
ブドウ品種:ルケ 100% 樹齢5~15年
醸造:ぶどうは手摘みで収穫、発酵。熟成し瓶詰
特徴:紫がかったルビーレッド。チェリー、甘草とバラ、スミレ、あまやかな香り。
   味わいは、豊かな果実味と酸味とのバランスがよく、シルキーなタンニンでみずみずしくエレガントな赤ワイン。
料理:山のチーズ料理、そのままワインを楽しむ。

⑥ワイン名:テヌータ ロンドラ ヌオーヴァ ヴィーノ ノービレ ディ モンテプルチアーノ DOCG 2014  13%
メーカー:ルフィーノ (テヌータ ロンドラ ヌオーヴァ)
産地:トスカーナ州 
ブドウ品種:サンジョヴェーゼ・グロッソ 80% メルロ10% カベルネ・ソーヴィニヨン10%
醸造:標高270-300mの粘土、石灰岩混じりの畑でぶどうを収穫後、温度コントロールされたステンレスタンクで7日間発酵。さらに10日間醸しとMLF。その後18か月大樽で熟成。
特徴:ルビーレッド。熟したプラム、ブラックチェリー、ヴァニラ、甘草やクローブ、シナモンの香り。
   味わいは、豊かな果実味とビロードのようなタンニン、スパイシーさもありエレガントな赤ワイン。
料理:肉料理、ラグーのパスタ料理。

⑦ワイン名:ブルネッロ ディ モンタルチーノ DOCG 2003  13.5%
メーカー:カナリッキオ(パチェンティ・フランコ)
産地:トスカーナ州 
ブドウ品種:ブルネッロ(サンジョヴェーゼ・グロッソ) 100%
醸造:丘の中腹部標高300mの北東に面した砂を含んだ粘土質の畑からぶどうを収穫後、温度コントロールがないステンレスタンクで発酵するためルモンタージュと室温調整で32~33℃をキープして醸している。熟成は、中型のスラヴォニア産の樽で24か月以上の樽熟成し、その後4か月間の瓶熟。
特徴:濃いルビーレッド。ブラックチェリー、カカオ、ヴァニラ、甘草やシナモンとバラ、スミレ、フローラルな香り。
   味わいは、凝縮した果実味と酸味と細かなタンニンであるが収斂性がある。スパイシーさも加わり力強い赤ワイン。
料理:肉料理、ラグーのパスタ料理、ジビエ、熟成したチーズ。

⑧ワイン名:バローロ・ダグロミス DOCG 2014  14%
メーカー:ガヤ
産地:ピエモンテ州 
ブドウ品種:ブネッビオーロ 100%
醸造:ラモンラのコンテイザ畑とセラルンガのスペルス畑からのぶどうを収穫後、温度管理されたステンレスタンクで2週間発酵、
   バリックに移され12か月、その後12か月大樽で熟成。
特徴:濃いルビーレッド。ブラックチェリー、カカオ、甘草やシナモンとバラ、ヨウド、黒コショウな香り。
   味わいは、若くまだ硬いが、それでもシルキーな舌触りにしっかりとした骨格と力強さがある赤ワイン。
料理:肉料理、熟成したチーズ。

42723715_180918872801286_9574278303

IVS Japan法人会員でもあるオステリア・ボッカーノ

ボッカーノの皆様 ありがとうございました。野口シェフの素晴らしいお料理は皆様大絶賛でした。

10月31日は、イタリア・ヴェネト州よりBIO(オーガニック)ワイン生産者を迎えてメーカーズ・ディナーを予定しております。

11月のイベントも続々決定しておりますので是非こちらのイベントページをご覧ください。

IVS Japan事務局


-

-

-

【Dinner Time Tasting】

ディナータイムテイスティング ②  満席御礼!

テーマ『秋に楽しむイタリアワインDOCG』
品種のもつ個性や多様性はイタリアワインの大きな魅力。
元住吉の名店『Osteria Boccano』オーナーシェフ野口さんの
センスが光る、各ワインに合せたお料理をお楽しみ下さい。

【日程】9月27日(木)19:00~21:00

【場所】OSTERIA BOCCANO (元住吉)

           川崎市中原区木月3-17−16 荒井ビルB1

【会費】IVS会員: 8,000円 ビジター(非会員):9,000円  

2018年9月22日 (土)

9/19(水)『イタリア写真家 篠利幸氏が語るヴェネツィア文化』
沢山の皆様にご参加頂きありがとうございました。

42266879_2196278064031598_2341679_2

ワインはパシフィック洋行様の協賛で、4種をテイスティングいたしました。

(写真 右より)

① ’ヴィン・ソアヴェ’ ソアヴェ・クラシコ 2015   INAMA

 【タイプ】白・辛口 【品種】ガルガーネガ100%


② ルガーナDOC マンドラーラ 2016 Le MORETTE

【タイプ】白 【品種】トゥルビアーナ100% 

③ セライ・ロッソ 2014  Le MORETTE

【タイプ】赤 【品種】メルロー、カベルネソーヴィニョン、コルヴィーナ

④ ’カルメネーレピゥ’ ヴェネト・ロッソ 2014  INAMA

【タイプ】赤・辛口 【品種】カルメネーレ70% メルロー30%

42167252_1896473610399266_8988675_2

42058469_1896473870399240_6328354_3



まさにヴェネツィアのBacaroが出現したかのような高円寺 EL PORTEGOを会場に
イタリア専門写真家の篠利幸さんにヴェネツィアの文化について語っていただきました。

42132849_296419814515295_13289390_3

42147909_1896473620399265_422395643



42045205_1896478510398776_9163418_242134417_1896603417052952_431786135




プリモにパスタ、メインに仔牛のレバー煮込みのほかにも、

チケッティは様々な皿が並びました。

42170056_314515139359967_3678997191

42174082_1047313042113566_784175798





サルディンサオール.. バッカラマンテカート.. トラメンツィーノ.. アンチョビ玉子..

ドライトマトとズッキーニマリネ.. いいだことセロリのインサラータ..

42132807_1896475197065774_8767461_2

42090707_1896475113732449_5294202_4





42194940_728244234187476_115828630142201409_265766810737065_9358148505



ツナとトレビスのクスクス.. イカ墨ゼッポリーネ.. 牛肉のカルパッチョ..

42058544_1898319233548037_335502499

42059618_710164122680813_4048687849




サルシッチャ.. ポルペッティーノ..

ヴェネツィアの郷土菓子ザレッティは絶品。

42225077_1896603537052940_533275101



次回IVSイベントは、9月27日オステリアボッカーノでのDTT「秋に楽しむDOCGディナー」。

おかげさまで満席御礼となりました。

『ワインの秋』、IVS Japanではイベントを豊富に予定しております。

10月13日LTTは大人気・恵比寿のALMAにて開催。

10月31日DTT、11月4日のIVS7周年パーティーもお申込み受付中ですので、是非皆様のご参加を心よりお待ちしております。

イベントページはこちら

IVS Japan事務局


【Dinner Time Tasting】 ディナータイムテイスティング ①

ヴェネツイアのバーカロにて、写真家篠利幸のトーク『ヴェネツイアの文化』
’’チケッティ’’=魚貝類豊富な多種類のアンティパスト、パスタやメインまでのお料理と、
’’オンブラ’’と呼ばれるグラスワインを楽しむヴェネツィアのスタイルをご体験ください

【日程】9月19日(水)19:00~ (受付開始18:30)

【場所】El Portego (高円寺)

          〒166-0003 東京都杉並区 高円寺南4丁目9−3

【会費】IVS会員: 6,000円 ビジター(非会員):7,000円    

 ※当日の入会で会員価格が適用されます。
 ※キャンセルチャージ:前日及び当日のキャンセルは100%

Ivs_japan_919el_portego_2
 
 

2018年9月10日 (月)

9月のLTTを新宿の眺めの良い会場スパッカナポリにて開催致しました。

Img_5173

『~カンパーニア州~インポーター岸本社のお勧めビオワイン』
インポーター大石様をゲストに迎え、≪カンパーニャの土着品種 6種類のワイン≫の品種、土壌、造り手について解説いただきました。
 

Img_5191

【今回試飲頂いたワイン】  

今回の会のテイスティングは、ブラインドではなくオープンで、白ワインと赤ワインとそれぞれで人気投票をしました。
 
まずは、オリ絡みのスパークリング。今回は、オリ絡みをせずにサービスしました。
初めの方は、済んでいて味わいもスッキリボトルの下へ行くに連れてオリが舞って薄濁りで味わいも複雑に感じられました。
次に白ワインを2種類、同時にフィアーノ種の飲み比べ!
ただ、1つ目は、モスカート入っているためその華やかな香りが特徴。白ワインの最後は、グレコ。
続いて赤ワインは2種類同時に今度はアリアニコ種の飲み比べ!
同じ作り手で畑は異なり、かつヴィンテージも4年違います。
1つ目は、2011年だけれどまだ若く果実味が豊か、対して2つ目は、2007年で熟成感がありエレガントでした。

では、人気投票の結果は
白ワインは、フィアーノの2番目(オコーネ オカ ビアンコ)が一番人気
赤ワインは、アリアニコの1番目(オコーネ ヴィーニャ ペッザ ラ コルテ)が一番人気でした。

Img_5187

① バアル ラ・モッサ フリザンテ ビアンコ(白・微発泡) IGT 

品種: フィアーノ70%、モスカート30%

さわやかフルーティ。自然醗酵の濁りペットナット。 Alc. 12% 生産者 カーサ・ディ・バアル

コメント「ふちの緑がかった麦わらイエロー。濁りが見られる。生き生きとした泡。フレッシュ、さわやかフルーティ、アロマティックな風味。」

②バアル ビアンコ・ディ・バアル(白)辛口 IGT 

品種:フィアーノ主体、モスカート、ファランギーナ

自然醗酵のフィアーノは、新鮮なグレープフルーツの風味。Alc. 12% 生産者 カーサ・ディ・バアル 

コメント「グレープフルーツなどの柑橘、桃、ローリエ、セージ、オレガノなどのハーブ類、ややアカシア蜂蜜の風味。ほどよくやや強めの酸。複雑な心地良い余韻が長い。アペリティフ、シーフード、セミソフトチーズ、野菜スープに。」

③オコーネ オカ ビアンカ(白)辛口 IGT  

品種:フィアーノ85%、区画内のその他のブドウ15%

桃や洋梨の味わい。骨格しっかりエレガント! Alc. 13% 生産者 オコーネ

コメント「花やフルーツのエレガントな香り。桃や洋梨のイキイキとした味わい。骨格がしっかりし、ミネラリーな長い余韻。フィアーノは、その甘い花の香りを「蜂が好むぶどう」と呼ばれ、糖度、ポリフェノール、酸味が豊かで、サンニオ の土壌と気候によく合う品種。「オビアンカ」は「白いガチョウ」の意味。」

④オコーネ ジアーノ グレコ(白)辛口 DOP 

品種:グレコ100%

卓越したフレッシュさ。やわらかでエレガントなフィニッシュ。Alc. 13% 生産者 オコーネ

コメント「 カンパニア州ポンテの南斜面に広がるぶどう畑で、土壌は主に粘土質。ステンレスタンクで熟成。麦藁イエローの輝きと熟した果実と花の香り。卓越したフレッシュさと柔らかでエレガントなフィニッシュが感じられる。『ジアーノ』はヤヌス神の別名。平和を維持する門の守護神。」

⑤オコーネ ヴィーニャ・ペッザ・ラ・コルテ(赤) DOCG 

品種:アリアニコ100%

標高300mの単一畑産。やわらかで心地よい渋み。Alc. 13% 生産者 オコーネ

コメント「標高300mにある1haの単一畑「クリュ」から手摘みで収穫。石灰岩とチョークの土壌。深いルビーレッド、柔らかい黒い果実のブーケ。甘いタンニンの心地よいバランスの取れた骨格のワイン。ステンレスタンクで1年以上貯蔵後、9ヶ月木樽で熟成し、さらに9ヶ月間瓶内熟成。ノンフィルター。」

⑥オコーネ ディオメーデ(赤)フルボディ DOP 

品種:アリアニコ100%

ブルーベリーのような、洗練された強い香り。Alc. 13% 生産者 オコーネ

フルボディ コメント 「強いルビー色にブルーベリーのような洗練された強い香り。力強い骨格、やわらかなタンニン、オークとのバランスが絶妙。標高200~400mの斜面の畑から、ぶどうを手摘み収穫。9ヶ月バリック熟成の後、9ヶ月間冷温で瓶内 熟成。カンパニア州ベネヴェントの街を造ったと伝えられる、ギリシャ神話の英雄ディオメデスが名前の由来。」

Img_5182

【次回開催のイベント】

■■■ 9月【Dinner Time Tasting】ヴェネツィア バーカロ体験!

イタリア専門写真家 篠利幸がヴェネツィア文化を語ります!

 【日程】9月19日(水)19:00~21:00

エルポルテゴ @高円寺

ヴェネツィアのバーカロ料理とワイン~協賛 パシフィック洋行

【会費】IVS会員 6,000円 ビジター(非会員)7,000円

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

IVS Japan事務局


【Lunch Time Tasting】 ランチタイムテイスティング   

9月は『~ カンパーニア州 ~インポーター岸本社のお勧めビオワイン~』
インポーター大石様をゲストに迎え、カンパーニア州の品種、土壌、造り手について
学んでみましょう。新宿の眺めの良い会場スパッカナポリでお送りします。

Casadibaal_3

≪Carta dei vini~カンパーニャの土着品種 6種類のワイン≫

-(泡)Frizzante IGTコッリ ディ サレルノ 品種:フィアーノ、モスカート 製法にこだわった微発泡

-(白)品種 :フィアーノ 2種類 土壌違いを比較!

ー(白)品種:グレコ

ー(赤)品種:アリアニコ 2種類のCru 違いを比較!

【日程】9月8日(土)13:00~15:00

【場所】スパッカナポリ @新宿

    新宿区西新宿2丁目6−1 新宿住友三角ビル52階 

【会費】IVS会員:3,500円 ビジター(非会員):4,500円  

ワインは

   ※当日の入会で会員価格が適用されます。
      ※キャンセルチャージ:前日及び当日のキャンセルは100%

2018年8月30日 (木)

IVS Japanでは初の試みJAZZ×イタリアワインのイベントを開催いたしました。


大人のJAZZボーカルユニット"AIR"の中西雅世さん、西高志さんをお招きし、ワイングラスを傾けながら、お二人のお洒落で楽しくゴージャスな音楽と共に皆さんとトワイライトタイムを過ごしました。

Ivs8_2

"AIR"の中西雅世さん、西高志さん

40139123_237877506876120_5821377670

40269195_1061677367346700_814554799



【当日のワイン】

Le Vigne di Alice / Tajad Spumante Brut
アリーチェ/タヤド スプマンテ・ブリュット

この地方の伝統的なブドウ品種グレラ、ヴェルドゥーゾ、ボスケラから造られた辛口のス
プマンテです。華やかな香りと、バランスの取れた酸味がお楽しみいただけます。
"TAJAD"は「ブレンド」を意味するこの地方の方言です。

2005年にヴェネト州コネリアーノ・ヴァルドビアーディネに設立されたワイナリー。

女性CEOかつエノロゴのチンツィア女史ならではの繊細な配慮が感じられます。

格付け:VS ブドウ:グレラ40%、ヴェルドゥーゾ40%、ボスケラ20%

ソフトプレス後、45-60日間澱と共発酵。その後シャルマー方式でタンクで50日間二次発酵
させる。

泡がきらめく麦わら色で、りんごや桃などのフルーツや花、トーストしたパンの香りがあ
り、バランスの取れた酸味が、様々なお料理とよく合います。

ガヴィオリ/ランブルスコ・アマービレ・フラワーボトル

桜をイメージした花をあしらったボトルになっています。

栽培地域: モデナとレッジョ・エミリアエリア

アルコール度数: 7.5 

収穫9月末 破砕後、温度管理下でマセラシオン。タンク内で二次発酵(シャルマー方式)

イチゴやチェリー、スミレなどの華やかな香り、やさしい果実の甘みが心地よい味わい。

紫がかったルビーレッド。砂利、砂、粘土が混ざった沖積土壌。

食前酒として。または幅広いお料理と合わせて。

モンキエーロ・ファヴォリータ LANGHE FAVORITA 2017

ロエロの南向きの砂質の丘陵地で僅か2haのみ栽培する限定品。

栽培地域ロエロ地区 カナーレ村・ヴェッツァ村

標高: 250-350 m 

栽培区画総面積: 2 ha  アルコール度数: 12.5-13  酸度: 5.5/6 g/l

収穫9月上旬 ステンレスタンクで醗酵 タンクで落ち着かせて、瓶熟最低3ヶ月。

ミネラルをしっかり感じるワインに仕上がり、猛暑にピッタリ。

VIGNA DEL MALINA /Refosco dal Peduncolo Rosso Venezie Giulia IGT
ヴィーニャ・デル・マリーナ/レフォスコ・ダル・ペドゥンコロ・ロッソ

フリウリ・ヴェネツィエ・ジューリア州の中心、ウディネ近郊のワイナリー。

*畑は2017年BIO認定。すべてのワインは動物性原料を一切使わないVeganとして認定されています。

ブドウ: レフォスコ・ダル・ペドゥンコロ100%  アルコール度数:12.5%

醸造:樽36ヶ月、瓶内36ヶ月

フリウリ州で愛され続ける伝統の土着ブドウ。

濃いルビー色。わずかにタバコを思わせるスパイスの香り。しっかりとしたタンニン、フレッシュさとクリーンさを併せ持つ、フルボディです。肉料理全般、特にジビエ類とよく合います。

20180825_54

次回のイベント情報はこちら

IVS Japan事務局


『真夏の夜の夢~JAZZとイタリアワインの夕べ~』 
大人のJAZZボーカルユニット"AIR"の中西雅世さん、西高志さんをお招きし、大崎にある音楽スタジオ『space k』よりお送り致します。

ワイングラスを傾けながら、お二人のお洒落で楽しくゴージャスなステージ共に最高に素敵なトワイライトタイムをお過ごし下さい。

【日時】8月25日(土)17:00~19:00(受付開始16:30~)

【会場】大崎スタジオ「スペースK」

            品川区大崎3-10-13  COLLINA大崎B1F ( JR「大崎駅」徒歩4分)

【会費】IVS会員:5,000円、ビジター(非会員):6,000円

    (ミュージックチャージ・ワイン4種・おつまみ付) 

※前日からキャンセルチャージ100%が発生致します。
※当日のご入会で会員料金が適用されます。

2018年7月29日 (日)

7月26日(木) IVS Japan x Da Casetta ディナータイムテイスティング

~サルデーニャ郷土料理と土着ワインのアッビナメント~を開催いたしました。

Img_4840

37845976_2076828772569420_556639534



浜田山のDa Casetta (ダ カゼッタ)の佐藤潤也シェフ 

クオレサルド(インポーター)のGianluca氏

更に、タロスで長く活躍された伊藤シェフがフレグーラ作りを実践、披露下さいました!

Img_4812

Img_4808



お食事は 研究を重ねた懇親作でした!

Stuzzichini : Pane frattau, Bottarga di muggine e di tonno

パーネフラッタウ、ボラとマグロのカラスミ

Img_4817

Img_4818



 



Antipasti: Pesce spada affumicato カジキマグロの燻製

Tortino di sarde  イワシのトルティーノ

Fregula fredda ai frutti di mare  貝と野菜の冷製フレーゴラ

 

Img_4821


 全てその日の手打ちパスタ!

Primo: Troffie alla Carlofortina   トロフィエのカルロフォルティーナ 

   Lolighittas alla Campidanese   ロリギッタスのカンピダネーゼ

 

Secondo: Panada di Agnello    羊と野菜を詰めたオーブン焼き’’パナダ’’

37900307_2076829342569363_308288816

37837034_2076825595903071_142734648





Dolci: Pardulas  パルドゥラス (リコッタチーズとサフランのタルト)

Arantzata アランザータ (オレンジピールとアーモンド)

Pappassini パパジーニ  (アーモンドとレーズンのビスコッティ)

ドルチェは土井敬子さんがサルデーニャ菓子3種類も作って下さったんです。

Img_4841

 

 

今回のワイン  VINI SARDI

37843729_2076827639236200_250112205

1.         (ロゼ・スプマンテ) Brut Rose’ TRINITA’トリニタ 

品種:カンノナウを含む黒ブドウと白ブドウのブレンド リンゴやアプリ

コットのフルーティな快活な味わい。Alc.11% 生産者:Cantine Paulis

 

2.        (Bianco) Ghineo ギネオ DOC 品種:ヴェルメンティーノ

黄緑色、果実の旨味とすっきりした酸味。後味のほのかな苦味が引き締る。Alc.13%   生産者:Cantine Paulis

 

3.        (Bianco) Chlamys クラミス DOC 品種:ヴェルメンティーノ

透き通ったレモンイエロー。穏やかな酸と果実の甘味を兼ね備えた洗練

された味わい。 Alc. 14.5% 生産者:Accademia Olearia

 

4.        (Rosso) Nepenteネペンテ DOC  品種:カンノナウ

バラやスミレ、サクランボの赤いベリーの香り。タンニンは柔らかく、優しい酸

のため、アルコール度を感じさせない。Alc.14.5% 生産者:Cantina Oliena 

 

5.        (Rosso) Ciu’Russou  チュウ ルッソウ IGT 品種:ボヴァーレ

 ステンレスタンク8か月、瓶熟成5か月。スパイス香などの複雑な香り。

ブラックチェリーのスパイシーな味わい。タンニンしっかり。ゆっくりと変化を

楽しみたい。Alc.14% 生産者:Tanca Gioia

 

6.        (Dessert)  Nasco di Cagliariナスコ ディ カリアリ 品種:ナスコ

ドライいちじくやアプリコットの香り。酸のバランスの良い熟した果実味のある

ドルチェワイン。Alc.14% 生産者:Cantine Paulis

 

7.        (Digestivo) Mirto ミルト   

Img_4807

Img_4827



Img_4813

37961317_2076829279236036_743614856



ご参加いただきました皆様、素晴らしいサルデーニャ島料理の数々をご準備くださったDa Casettaの皆様有難うございました。

次回は8月25日『真夏の夜の夢~JAZZとイタリアワインの夕べ~』

イタリアワインと大人の音楽のイベントです。

9月は8日(土)ランチタイムテイスティングを新宿のスパッカナポリにて開催いたします。

是非ご参加お待ちしております。

IVS Japan事務局


【Dinner Time Tasting】 ディナータイムテイスティング 満席御礼!

ディナー&ワイン&オリーブオイル 

『サルデーニャ島』をテーマにDa Casetta の佐藤シェフが腕を揮います。

合わせるワインは、インポーターのご協力により、楽しいラインナップです。

カンノナウ品種のスプマンテから始まり、

ヴェルメンティーノ2種は土壌、製法違いを比較、

土着品種のボヴァーレ、

カンノナウはオリエーナの生産者Nepenteの素晴らしいワイン、

土着品種ナスコのデザートワイン、

やはりサルデーニャの食事を締めくくるのはミルトですよね! 

インポーターのガイドあり。AbbinamentoはKyoko Matsuyamaがご案内します。

サルデーニャの音楽に合わせて、サルド文化をたっぷり感じて頂ける内容です!

 【日程】7月26日(木)(19:00 受付開始)19:30~21:30 【時間変更】

【会費】IVS会員:8,000円 ビジター(非会員):10,000円 

 ダ・カゼッタ(浜田山)にて開催! 

 キャンセルチャージについて
この会については次の通り設けさせて頂きますので何卒ご了承下さいませ。
 7月10日~50%、7月20日~80%、当日100%

2018年7月23日 (月)

インポーター、ノルレェイクインターナショナルご協力のもと、カステッロ・ディ・メレートのミケーレ氏を迎え、IVSで初の会場となる『IL LEONE』にてディナータイムテイスティングを開催致しました。

20180720_0

20180720_17



緊急企画にお集まり頂きました皆様、誠にありがとうございました。

Img_4794_220180720_19

 



キャンティに合わせるお料理は勿論ビステッカがメインとなります。ドルチェには、ヴィンサントとカントゥッチ。本場で修業なさったイル・レオーネの二瓶シェフが腕を揮って下さいました。

20180720_28

20180720_37

20180720_1


カステッロ・ディ・メレート

1256年創業。トスカーナ州、シエナ県ガイオーレ・イン・キアンティにあり、自社畑の葡萄で造るエステート・キャンティクラシコワインの造り手として有名です。

中世から残る村に1,000ヘクタールにもおよぶ土地を所有しうち125ヘクタールで葡萄栽培を行っています。

栽培品種は、主にキャンティクラシコDOCGワインの為のサンジョヴェーゼ種。1980年代にはメルロー、カベルネなどを植樹し、1990年代後半になると、伝統的なトスカーナの古来品種の再生に向けた植林を開始。特に白ではヴェルメンティーノ種の栽培に力を注いでいます。

土壌は主に粘土質で、特に石灰岩が地中、地表に多く存在します。表面の石灰岩は夏には通気性を良くし、冬には地表の温度を保つ事が出来る為、ブドウの木を保護し、豊かなブドウを実らせる事が出来ます。

カステッロ・ディ・メレートの畑は、5つのマイクロエリアとテロワールからなり、それぞれのワインに個性が強く表れています。

20180720_58

1)  BORGAIO VERMENTINO  IGT TOSCANA BIANCO 2015
ボルガイオ・ヴェルメンティーノ   IGTトスカーナビアンコ 2015

品種: ヴェルメンティーノ100%

緑がかった黄色。わずかにピリっとした感じの柑橘系フルーツのアロマ。ミネラル感たっぷりで味わいの持続性があるワイン。

2) CHIANTI CLASSICO DOCG 2013
    メレート・キャンティ・クラシコDOCG 2013

品種: サンジョヴェーゼ100%

深いルビー色。チェリーと、典型的なブドウのアロマ。フローラルな香りとバニラ香を感じる。
ヴェルヴェットのようになめらかでまろやかなタンニンが口に広がる。
よく構成された素晴らしくバランスの良い、余韻の長いワイン。

3) VIGNA CASI CHIANTI
CLASSICO RISERVA DOCG 2012
ヴィーニャ・カジ・キャンティ・クラシコ・リゼルヴァDOCG 2012

品種: サンジョヴェーゼ100%

明るい紫色で、熟成と共にガーネット色に変化する。スミレやサクランボ、ベリー系フルーツの魅力的なアロマが、スパイシーな味わいとマッチする。ヴェルヴェットのようにまろやかで非常にエレガント。タンニンが多いがアグレッシブではない。濃厚な味わいの余韻が残るワイン。

4) CHIANTI CLASSICO GRAN SELEZIONE DOCG 2011
キャンティ・クラシコ・ グラン・セレッズィオーネDOCG 2011

品種: サンジョヴェーゼ100%

濃いルビー色。スパイシーでバルサミコ酢の風味があるパワフルでリッチなワイン。赤いベリー系フルーツのアロマ。繊細で、エレガントなタンニンが後味に残る。

5) VINSANTO DEL CHIANTI CLASSICO DOC 2008
ヴィンサント・デル・キャンティ・クラシコDOC 2008 500ml

品種: トレビアーノ90% サンジョヴェーゼ5% マルヴァジア5%

きれいな琥珀色。ドライフルーツ、はちみつ、アプリコットのアロマ。スパイスとバニラの風味。フルボディでヴェルヴェットのようになめらか。素晴らしく構成されておりまろやか。バランスの良い酸味と共に余韻が長く残るワイン。

 

--

8月には25日、初のトワイライトタイムテイスティング『JAZZとイタリアワインの夕べ』を開催致します。9月にはランチタイムテイスティング、ディナータイムテイスティングと続きますので、是非皆様のご参加をお待ちしております。

IVS Japan事務局


■■■ 7月 IVS Japan  FESTA di CHIANTI キャンティ祭り!満席御礼!
 
新着情報!林茂先生もいらっしゃいます!720

ノルレェイク インターナショナル(株)インポーターご協力~
キャンティの生産者と一緒にキャンティ各種飲み比べ!
夏に元気よく、ビステッカと合わせて召し上がれ。
 
【日程】 7月20日(金)19:00~21:00

【会場】OSTERIA IL LEONE(新宿御苑駅1分 新宿三丁目駅5分)
        https://illeone.jimdo.com/
 
【会費】会員:6000円 非会員:7000円
 
 ※キャンセルチャージについて
 この会については次の通り設けさせて頂きますので何卒ご了承下さいませ。
 7月7日~50%、7月14日~80%、当日100%
 
2018年7月21日 (土)

Foto_ristorante_5

【今回試飲頂いたワインリスト】  


 ①ワイン名:スプマンテ・ブリュット NV   12%  
メーカー:ドゥーカ・ディ・サラパルータ社
産地:シチリア州  シチリア中西部、パレルモ
ブドウ品種:グレカニコ、シャルドネ
醸造:ぶどうの収穫は、8月末に早摘み。初期の良質なモストのみ低温発酵。シャルマー方式で発酵、シュール・リーで6か月。その後、3か月以上瓶内熟成。
   土壌は、石灰質の混成土壌。
特徴:緑がかったストローイエロー。洋ナシ、白桃、青リンゴ、若干アーモンド、白い花、ミネラル、若干のトースト香もある。
   味わいは、果実味と生き生きとした酸と塩味のミネラルが感じられ、バランスが良い。後味に苦みがあり全体を引き締めている。
料理:アンティパスト、野菜バーニャカウダ、魚貝料理に合わせる。

Vini_2

②ワイン名: インソリア 2017 IGT  13% 
メーカー:クズマーノ社 
産地:シチリア州  Ficuzza piana degli Albanesi 
ブドウ品種:インソリア 100%  樹齢16年
醸造: ぶどうを収穫は、手摘みで9月初め、8℃で12時間発酵させ、ステンレスタンクに澱と共に最低4か月熟成、その後、瓶詰め。
特徴:レモンイエロー。トロピカルフルーツ、黄色花の香り、ミント。
   味わいは、熟成した果実味ととした酸。しっかりしたボディ。塩味のミネラルと後味に苦みが感じられるフレッシュな白ワイン。
料理:アンティパスト、魚、鶏の肉料理に合わせる。

201807145_5
前菜の盛り合わせ (茄子のカポナータ、イワシのベッカフィーコ、ブルスケッタ風)。



③ワイン名:ズィビッポ(Zibibbo) IGT 2016  13%  
メーカー:バーリオ・インパッシート社
産地:シチリア州 シチリア島西部
ブドウ品種:モスカート・ダ・アレッサンドリア100%
醸造:ぶどうを9月10日から20日に収穫して、ソフトプレス後、モストを透明にするため低温で安置する。
   温度管理のされたステンレス・タンク内にて最高15℃で30日間の発酵。
   4ヶ月間シュール・リーを行う。残糖 4g/l
特徴:濃いレモンイエロー。レモンの香り、マスカットの華やかな香りに白い花の香り。
   味わいは、果実味と優しい酸があり、ミネラルを感じ、バランスがよいくせになる白ワイン。
料理:アンティパスト、タコやイカのパスタ、魚貝料理に合わせる。

Ristorante_2
④ワイン名:ペッリコーネ DOCG  13%  
メーカー:バーリオ・インパッシート社
産地:シチリア州  シチリア島西部マルサラ地区  
ブドウ品種:ペッリコーネ100% 平均樹齢: 20 年 (ペッリコーネはシチリア島西部で何世紀も前から栽培されてきた代表的な品種。フルーティとスパイシーさの
                         バランスのとれた香りが特徴)
醸造:ぶどうを9月末に収穫して、28℃以下の温度のもと10日間のマセレーション、発酵 残糖 4g/l
特徴:ルビーレッド色。プラム、ブラックチェリー、オレンジピールの香り、甘草、シナモンの香り。
   味わいは、甘やか果実味と程よい酸味ときめ細かなタンニン、フレッシュな味わいの赤ワイン。
料理:カジキマグロの料理、アランチーニやカポナータに合わせる。

Arancini アランチーニ


⑤ワイン名:サガナン 2014  14.5%
メーカー:クズマーノ社
産地:シチリア州  Caltanissetta カルタニセッタ
ブドウ品種:ネロ・ダーヴラ 100% 樹齢21年
醸造:ぶどうは9月始めに手摘みで収穫、除梗して10~15日間発酵。20ヘクトリットルの大樽でMLF、同じ大樽で12か月の熟成し瓶詰
特徴:濃いルビーレッド。スグリ、プラム、甘草やシナモンとフローラルな香り。
   味わいは、凝縮した果実味、しっかりとした酸味と細かなタンニンで収斂性あり、スパイシーさもあり力強い赤ワイン。
料理:肉料理、ラグーのパスタ料理。

201807148

仔羊のアグラッサート

IVS Japan事務局


7月【Lunch Time Tasting】ランチタイムテイスティング

 7月のLTTはシチリアをテーマに開催予定です。

 黄金の輝きをもちアロマティックな芳香のズィピッポ、

 島西部の伝統的な地ブドウのペッリコーネ等、暑い夏にグラスを傾けたくなる

 魅力的なワインを揃えて皆様をお待ち致します。


【日程】 7月14日(土)13:00~15:00
【会場】IL FURLO
    千代田区内神田1-2-6 産広美工ビル1F  
    http://www.il-furlo.com/

【会費】IVS会員:3500円 非会員(Visitor):4500円
※前日及び当日のキャンセルはキャンセルチャージ100%が発生致します
※当日のご入会で会員料金が適用されます

Photo

2018年6月 8日 (金)

6月2日はイタリア共和国建国記念日。第二次大戦後、王政を廃止し国民投票に共和制に変換された歴史的な国民の休日です。

34175710_1755423954564416_127089753



今年は当法人会員でもあるインポーター、アプレヴ・トレーディング(株) ご協力のもと、

フリウリ グラーヴェのワイナリー【アントヌッティ】のニコラ・デュランディ氏を迎えて

各土着品種のテイスティングを楽しんで頂きました。

34308038_1755406737899471_601513046

34189613_1755406674566144_596538940

会場となった平河町のEnoteca D'oro(エノテカ ドォーロ) は予約の取りにくい人気店で、壁一面に並べられたイタリアワインに心躍ります。各ワインに合わせて郷土料理をブッフェ形式で。Img_4638Img_4640

 

34176292_1755406774566134_853902521

34162885_1755406874566124_655573659



34343725_1755411314565680_505124090

34386821_1755411554565656_432860081



「アントヌッティ」ラインのクオリティの高さは、ぶどうの選果に細心の注意が払われている事を如実に物語ります。

白ワインはフレッシュでエレガントな味わいに仕上げられる一方、赤ワインはオークの大樽で熟成させる事により、ぶどう本来の個性と豊かなボディを兼ね備えます。いずれのワインにも共通するバランスのとれた味わいは、人々を十分に楽しませてくれます。

Img_4642Img_4644


ニコラさんとジャンケンによって、彼のワインを勝ち取った皆様、おめでとうございました!

Img_4651Img_4648



IVS Japan事務局


ア ン ト ヌ ッ テ ィ
一世紀にわたりフリウリ・グラーヴェのテロワールを表現し続ける生産者

ニコラ・デュランディ氏 来日!

Image_ivs0602

1921年にイグナチオ・アントヌッティ氏によって創立された「カーサ・ヴィニコラ・アントヌッティ」は、フリウリのトップクラスのワイナリーの1つです。創立以来家族経営のスタイルを貫いています。伝統と革新が共存するコッロレード・ディ・プラートの歴史地区にあり、畑はフリウリ・グラーヴェ地区の中央部に3ヶ所、約50haを所有しています。

グラーヴェのワインは気候や土壌特有のフレッシュでミネラル感に富み、アロマ豊かなキャラクターを表現します。特に土着のフリウラーノ、ピノ・グリージョやソーヴィニヨンの産地として最も素晴らしい地域の1つです。
アントヌッティのワインはフリウリのテロワールを明確に表現すると共に、ほぼ1世紀に亘りこの地でワイン造りに取り組んできた、一家の不屈の精神を伝えます。一家の名を冠した「アントヌッティ」ラインのクオリティの高さは、ぶどうの選果に細心の注意が払われている事を如実に物語ります。

彼らの畑で栽培されたバラエティに富む土着品種と国際品種のぶどうは全てステンレスタンクで醸造され、白ワインはフレッシュでエレガントな味わいに仕上げられる一方、赤ワインはオークの大樽で熟成させる事により、ぶどう本来の個性と豊かなボディを兼ね備えます。いずれのワインにも共通するバランスのとれた味わいは、人々を十分に楽しませてくれます。

2018年5月17日 (木)

5月12日(土)代々木上原TiarasにてLTTを開催致しました。皆様ご参加ありがとうございました。

こちらに、当日のワインとお料理についてレポートをお届けします。

5月のLTT テーマ『ピエモンテ州のワイン』

デマリエ社のワインをご紹介致しました。
アルネイス他、数種類をテイスティングして頂きました。



【ワインリスト】

32327882_1734614089978736_363871386



①ワイン名:フォー・ユー 2012 DOCG  13.5%  人気度(18/22名)
メーカー:デマリエ社
産地:ピエモンテ州 
ブドウ品種:アルネイス 100%
醸造:ぶどうの収穫は、9月初めに手摘み。24~36時間のマセラシオンし、ステンレスタンクにて1次発酵後、20か月の瓶内2次発酵。
   土壌は、砂の多い石灰質。
特徴:輝きのあるレモンイエロー。白桃、青リンゴ、若干アーモンド、白い花、ミネラル、トースト、蜂蜜もある。
   味わいは、果実味と生き生きとした酸と塩味のミネラルが感じられ、バランスが良く、みずみずしさと後味に(苦みが残る)スパークリングワイン。
料理:アンティパスト、軽い野菜、魚、鶏・豚など白身の肉料理に合わせる。


②ワイン名: ロエロ・アルネイス 2015 DOCG  13.5% 人気度(15/22名)
メーカー:デマリエ社
産地:ピエモンテ州 
ブドウ品種:アルネイス 100%
醸造:ぶどうの収穫は、9月末~10月初旬に手摘み。24~36時間のマセラシオンし、ステンレスタンクにて発酵、3~4か月の熟成
   土壌は、砂の多い石灰質。
特徴:淡いレモンイエロー。柑橘系のフルーツ、白い花の香り。
   味わいは、果実味と生き生きとした酸が余韻まで続き、塩味のミネラルと後味に苦みが感じられた辛口白ワイン。
料理:アンティパスト、軽い野菜、魚、鶏、豚など白身の肉料理に合わせる。


③ワイン名:ネッビオーロ・ダルバ DOC 2013  14.0%  人気度(8/22名)
メーカー:デマリエ社
産地:ピエモンテ州
ブドウ品種:ネッビオーロ 100%
醸造:ぶどうの収穫は、10月末~11月初旬に手摘み。ステンレスタンクにて発酵後、25hlのスロヴェニアオークで8か月熟成の後、瓶熟成8か月
   土壌は、岩の混じった砂質系石灰質
特徴:チェリーレッド色。チェリー、ラズベリー、赤系ベリーの華やかな香り、シナモンの香り、ローズ、スミレ、タバコの香り。
   味わいは、砂質土壌からの軽やかな果実味と酸があり、ミネラルを感じ、きめ細やかなタンニンの赤ワイン。
料理:肉料理、チーズや、ラグーンソースのパスタに合わせる。


④ワイン名:ロエロ・リゼルバ 2012 DOCG  14.0%  人気度(17/22名)
メーカー:デマリエ社
産地:ピエモンテ州 
ブドウ品種:ネッビオーロ 100% 樹齢70年
醸造:ぶどうの収穫は、10月末~11月初旬に手摘み。ステンレスタンクにて発酵後、MLF、フレンチオークのバリックと25hlのスロヴェニアオーク
   で18か月熟成の後、瓶熟成12か月
   土壌は、岩が多く混じった砂質海洋系石灰質
特徴:チェリーレッド色からガーネット色。プラム、ブラックチェリー、バラ、オレンジピールの香り、甘草、シナモンやミネラルの香りで熟成からの複雑。
   味わいは、しっかりした果実味とネッビオーロらしい豊な酸味と熟成でのきめ細かなタンニン、旨味があり、エレガントだけどパワフルな赤ワイン。
料理:肉料理、ジビエ料理や、ハード系チーズに合わせる。


⑤ワイン名:ビルベ・ヴィーノ・スプマンテ デザートワイン NV  6.5% 人気度(17/22名)
メーカー:デマリエ社
産地:ピエモンテ州
ブドウ品種:ブランケット 100% 
醸造:ぶどうの収穫は、9月末~10月初旬に手摘み。ステンレスタンクにて発酵後、フィルターし、再度シャルマー方式で2次発酵し、瓶詰め。
   土壌は、砂質浸潤岩
特徴:チェリーレッド(ロゼとしては濃いめ)。ストロベリー、ラズベリー、紅茶、フローラルな香り。
   味わいは、生き生きとした果実味で甘やかでクリーミーな口当たりで軽快でヨーグルトのようなフレッシュな酸を持ったロゼスプマンテ。
料理:デザートに合わせる。



【お料理】

Tiarasの素晴らしいお料理をイタリアワインと共に。


・前菜の盛り合わせ

 (バーニャカウダ アスパラの卵ソース サフランの焼リゾット エビ添え)


・ブラッサート


・ヘーゼルナッツとリコッタチーズのタルト

32283770_1734614376645374_344423818

32293946_1734614229978722_725724809 

32257663_1734614286645383_473451505



デマリエ社ではありませんが、インポーター奥野さま協賛のアマーロもお試し頂きました。

32294106_1734622679977877_758233964



ドルチェのヘーゼルナッツとリコッタチーズのタルトの生クリームとプラリネがアマレッティで香り付けされており、素晴らしい相性でした。

皆様、ご参加誠にありがとうございました。

次回IVS Japanのイベントは、6月2日(土)イタリア共和国建国記念パーティーを今年も開催致します。

半蔵門駅近くのエノテカドォーロにて、フリウリのワイン生産者(アントヌッティのニコラデュランディ氏)をお招きし、少しフリウリについて勉強した後、お料理と合わせて6種のワインをテイスティングします。

7月は浜田山のダ・カゼッタにて、サルデーニャ料理とワイン、オリーブオイルを楽しんで頂ける会を予定しております。 

沢山のご参加お待ちしております。

IVS Japan事務局


Demarie_4

【日程】5月12日(土)13:00~15:00

【場所】Wine & Dinning Tiaras (ティアラス)(代々木上原) http://www.tiaras-yoyogiuehara.com/
    東京都渋谷区大山町42−15 フォレストアレイ大山103

【会費】IVS会員:3,500円 ビジター(非会員):4,500円 

    ※当日の入会で会員価格が適用されます。

    ※キャンセルチャージ:前日及び当日のキャンセルは100%

【申込み】Eメール:ivsjapan.reg@gmail.com

     お申込みフォーム はこちら

<こちらのイベントは満席となりました。>

5月のLTTはセールス・レップ・インターナショナルの奥野さんをお招きし、

ピエモンテ州『デマリエ』のワインをご紹介致します。
ピエモンテの土着にこだわり、国際品種を扱わないデマリエは、特殊なミクロクリマ、恵まれたテロワールを生かし、所有地それぞれの土壌に適した葡萄から高品質のワインを生み出しています。


今回の会場は代々木上原の閑静な住宅地にあるWine&Dinning Tiaras。

センスの良い調度品に囲まれた落ち着いた店内で、デマリエとティアラスの大胆かつスペシャルな料理の贅沢なアッビナメントをお楽しみ下さい。