« 2月のLunch Time Tasting レポート~国際品種でつくるイタリアワイン~ | メイン | 3月Dinner Time Tastingレポート~IL GHIOTTONE »

2018年3月12日 (月)

3月のLunch Time Tasting レポート~プーリア州のワイン~

3月10日(土)恵比寿ALMAにてLTTを開催致しました。ほぼ満席となり、皆様ご参加ありがとうございました。

こちらに、当日のワインとお料理についてレポートをお届けします。

3月のLTT テーマ『プーリア州のワイン』

ディヴィーノ株式会社の加藤氏にお越し頂き、テヌーテ・ルビーノのワインをご紹介致しました。

イナリーの駐日代表フランチェスコ デ マウリ氏に講師としてご参加いただき、

土着品種ススマニエッロ他、数種類をテイスティングして頂きました。

Ltt2018031001

Ltt201803104



   昨夏も大好評をいただいた会場、恵比寿のALMAにて。

28958526_1669252949848184_559470961

29025614_1669252936514852_433124241





【ワインリスト】

Ltt2018031011


①ワイン名:リーベンス ヴェルメンティーノ・スプマンテ Extra Dry NV IGT

 12.0%  人気度(18/28名)
メーカー:テヌーテ・ルビーノ社
産地:プーリア州
ブドウ品種:ヴェルメンティーノ 100%
醸造:8月20日前後に手摘みにより収穫。ソフトプレス後、定温ステンレスタンク(16-18℃)にて1次発酵。アウトグラーヴェ(加圧タンク)により2次発酵 (ヴェルメンティーノの特徴を出したいため)。
   ボトル詰め後最低1カ月熟成。
特徴:緑がかった輝きのある淡いレモンイエロー。柑橘の香り、白桃、青リンゴ、生のヘーゼルナッツ、白い花、、ミネラルもある。
   味わいは、果実味と生き生きとした酸と塩味のミネラルが感じられ、みずみずしさに後味に苦みが残るスパークリングワイン。
料理:アンティパスト、魚のフリット、魚介のオレッキエッテに合わせる。

②ワイン名:マルモレッレ ビアンコ サレント 2016 IGT

13.0% 人気度(10/28名)

メーカー:テヌーテ・ルビーノ社
産地:プーリア州
ブドウ品種:シャルドネ 80%、マルヴァジア ビアンカ20%
醸造:シャルドネは、8月2週目、マルヴァジアは9月に手摘みにより収穫。ソフトプレス後、定温ステンレスタンクにて12日間かけて発酵。マロラクティック発酵は行わない。
   ステンレスタンクにて数カ月熟成、瓶詰後3 ヶ月熟成。
特徴:緑がかった淡いレモンイエロー。マルヴァジア由来のアロマティックな芳香。トロピカルフルーツのバナナ、黄桃、グレープフルーツの皮などの果実の香りにオレンジの花の香り。
   味わいは、豊かな果実味と生き生きとした酸が余韻まで続き、塩味のミネラルも感じられバランスがよい辛口の白ワイン。
料理:アンティパスト、魚介類のサラダ、魚介のリゾットやパスタ、魚や野菜のグリルに合わせる。

③ワイン名:サトゥルニーノ ロザート 2016 IGT  

 12.5%  人気度(19/28名)
メーカー:テヌーテ・ルビーノ社
産地:プーリア州
ブドウ品種:ネグロアマーロ 100%
醸造:9月3週目に手摘みにより収穫、わずかな時間果皮と接触させたあと搾汁し、ステンレスタンクにて16-18℃でアルコール発酵(白ワイン造りと同じ)。
   ステンレスタンクにて5ヶ月熟成、瓶内2ヶ月熟成。
特徴:サーモンピンク色。ラズベリー、ストロベリー、フローラルの香り。
   味わいは、フレッシュな果実味と酸があり、海のミネラルを強く感じ、テクスチャーがあるロゼワイン。
料理:スパゲッティ・ポモドーロ、ナス、魚介やポルチーニのタリアテッレ、中華料理に合わせる。

④ワイン名:マルモレッレ・ロッソ 2014 IGT

13.0%  人気度(8/28名)
メーカー:テヌーテ・ルビーノ社
産地:プーリア州
ブドウ品種:ネグロアマーロ 80%、マルヴァジア ネラ20%
醸造:9月3週目に手摘みにより収穫、22-24度に管理されたステンレスタンクにて10日間かけて発酵・マセラシオン。
   マロラクティック発酵完了後、4000Lのフレンチオーク樽とステンレスタンクにて12-18ヶ月熟成。瓶詰後3ヶ月熟成。
特徴:ルビーレッド。カシス、ベリー系果実にナツメグ、コショウの香り。
   味わいは、豊かな果実味と心地よい酸味とキメ細かいタンニン、それにスパイシーが加わりバランスがとれた辛口の赤ワイン。
料理:ラグーンソースのタリアテッレ、サラミ、煮込み料理、馬肉のストラチェッティ、少し熟成したタイプのチーズに合わせる。

⑤ワイン名:オルトレメ ススマニエッロ 2015 DOC  

13.0%  人気度(23/28名)
メーカー:テヌーテ・ルビーノ社
産地:プーリア州
ブドウ品種:ススマニエッロ 100% Susumaniello ジャンシスのGrape Varietiesにはない。
醸造:10月初旬に手摘みにより収穫、定温ステンレスタンクにて10日間のマセラシオンと発酵。マロラクティック発酵後、ステンレスタンクにて数カ月熟成。瓶詰後約2ヶ月熟成。
特徴:若干紫がかった濃いルビーレッド。チェリー、ザクロや熟したプラムの香り、タバコ、チョコ、クローブといったスパイスもあり複雑な香り。
   味わいは、豊かな果実味と豊富で細かなタンニン、酸味も程よく感じ、バランスが良く、ソフトで優しいエレガントな辛口の赤ワイン。
料理:パスタ全般、ポルチーニのリゾット、ハードチーズに合わせる。


ススマニエッロ種 Susumaniello

ブリンディジ原産のススマニエッロはサンジョヴェーゼの遠戚にあたる品種で、樹齢15 年を超えると極端に収量が少なくなってしまうという特徴がありました。

そのため、多産が求められていたサレントでは見向きもされなくなり、絶滅の危機に瀕していました。ルイジは、購入した畑に放棄されていた樹齢75 年の古いススマニエッロをマッサール・セレクション(より良い樹だけ残していく方法)により増やすことに成功。

海に一番近い「イアッディコ・ジャンコーラ」に植樹し、ススマニエッロ100% のワインを生み出しました。「果実味豊かでアルコール度数の高いワイン」という今までのサレントのワインと異なり、ススマニエッロから造られるワインはアルコールが低く、非常にアロマティックでエレガントなワインとなりました。

 
 
 
【お料理】 
 ALMAの素晴らしいお料理をイタリアワインと共に。

Ltt201803106

Ltt201803107



 
 



Ltt201803108

Ltt201803109



Ltt2018031010

皆様、ご参加誠にありがとうございました。

29027396_1669254133181399_575583695

次回4月のLTTは第一土曜日に、井の頭公園を会場に初のお花見を開催します。

ワイングラスを持ち寄っていただき、桜の木の下、テイスティングをいたしましょう。お勧めのイタリアワインの持ち込みも大歓迎です!※グラスをお持ちにならない方へこちらでカップをご用意しますのでご安心下さい。

井の頭公園そばの本格イタリアンSOPRAのケータリングのお食事などもお楽しみに。

【日程】4月7日(土)13:00~15:00

【場所】井の頭公園(吉祥寺駅・井の頭公園駅)

【会費】IVS会員:3,500円 ビジター(非会員):4,500円 

皆様のご参加お待ちしております。

IVS Japan事務局


【Lunch Time Tasting】 ランチタイムテイスティング 受付中!

インポーターのディヴィーノ(株)の加藤氏にお越し頂き、
テーマはプーリア州、古代品種ススマニエッロを中心に開催予定です。

【日程】3月10日(土)13:00~15:00

【場所】ALMA 恵比寿

    渋谷区東3丁目156 百百代ビル1F

【会費】IVS会員:3,500円 ビジター(非会員):4,500円 

    ※当日の入会で会員価格が適用されます。

    ※キャンセルチャージ:前日及び当日のキャンセルは100%