« 2月のLunch Time Tasting レポート | メイン | 3月のLunch Time Tasting~トスカーナ州のワイン第2弾 »

2017年3月 8日 (水)

2月Dinner Time Tastingレポート~アルトアディジェの夕べ

2月27日IVS Japan Dinner Time Tasting『アルトアディジェ COLTERENZIOの夕べ』

ワイン生産者をお招きしてのメイカーズディナーはお陰様で大盛況でございました。
 

Img_2693_2

Fullsizerender_2




 



【生産者】 コルテレンツィオは、1960年に28のぶどう栽培農家により設立された組合で、
現在では300以上の組合員によって構成され、所有する畑面積は300ヘクタールに及ぶ。1979年から主導者を務めるルイス・ライファーは「原点への回帰」を理念に掲げ、息子ウォルフガング・ライファーによって具現化した。

2010年にマックス・ニーデルマイヤーと共に同社の経営者となり、醸造家マルティン・レマイヤー、取締役のフベルト・ドルフマン、輸出マネジャーである今夜のゲスト、レティツィア・パジーニと共に、素晴らしいワインを造り続けている。



VINI:

インポーターパシフィック洋行㈱のご協力により下記5種類のワインをテイスティング。

1) 乾杯のスプマンテ   Rive Gauche / マルヴィラ 品種:アルネイス  

1本目はコルテレンツィオを紹介して下さったピエモンテ州のマルヴィラの加糖なしアルネイス品種で作るスプマンテ。すっきりとリンゴのようなフルーティさが食前酒にぴったりです。 

2) Gewurztraminer DOC  2015/ゲヴュルツトラミネール

黄金がかった黄色。黄色いバラ、ライチ、クローブ、ナツメグのような香り。ふくよかでスパイシーな余韻のあるエレガントな味わい。

料理: 食前酒、ハーブを使った前菜、魚介を使ったパスタ、魚のオーブン焼き、白身の肉料理。

畑:標高400~460m、粘土、小石を含んだ氷堆石土壌 醸造:低温マセラシオンを数時間行い、ソフトプレス。18度に設定されたステンレスタンクで発酵。ボトリングまで澱とともに寝かせられる。

3)Chardonnay DOC Formigar Cornel  2014/シャルドネ フォルミガール コルネル 

濃い麦わら色。 クルミ、マンゴー、メロンや、ほのかな木の香り。アロマティックでふくよかな味わい。

料理: あらゆるパスタ料理。魚のグリル、甲殻類、白身の肉料理。

畑: 400-550m。氷堆石、砂利、小石の多い乾燥した土壌。 醸造: 軽く破砕を行い、新樽と旧樽のバリックで発酵、一部のみ木樽でマロラクティック発酵。酵母とともに10ヶ月、バトナージュしながら熟成後、瓶内熟成6ヶ月。 

4)Lagrein DOC 2015/ラグレイン  

紫がかったガーネット色。スミレ、黒い実の果実、チョコレート、ハーブのような香り。ストラクチャーのあるタンニン、品種に由来する酸がある。森の果実のアロマ、チェリーのような余韻とエレガントで他に類を見ないほどの華やかなブーケ。

料理:アルトアディジェ料理との相性が最適。スペック、サラミ、ローストした肉料理、ジビエ

畑:砂を多く含んだ氷堆石・沖積土土壌 醸造:ステンレスタンクで皮とともに8日間発酵後、マロラクティック発酵を行う。ステンレスタンクとセメントタンクで数ヶ月熟成。

5) Pinot Nero DOC St. Daniel Riserva 2013/ピノネーロ サン・ダニエル 

輝くルビーレッド色。チェリーなどの赤い果実やスパイスのアロマ。やや強めのボディがあり、余韻が長くエレガントな赤ワイン。

料理: 軽めの前菜、仔牛、家禽類、濃い味付けの魚料理

畑: 標高350m。氷堆石を含んだ火山性土壌。昼夜の温度差が激しい気候。 醸造: 短いマセラシオンを行い、14日間25度で発酵。マロラクティック発酵の後、2/3を3500Lの大樽で、1/3をバリックで12ヶ月熟成。1年の瓶内熟成。

PIATTI:

各種ワインに合わせたアルトアディジェの郷土料理をご用意下さいました。

Img_2713_2

Antipasto:Asparagi alla bolzanina,Arrosto di Coniglio, Polenta Fritta e Speck

前菜の盛り合わせ(ホワイトアスパラガスのボルツァーノ風、ウサギのロースト、ポレンタのフリット スペック添え)

Img_2714

Primo 1: Minestra d’ orzo   大麦のミネストラ

Img_2715

Primo 2:Spezzattino di Cervo con tre colori di Canederli 3種のカネーデルリ 鹿の煮込みのソースで

Img_2717

 Secondo: Garretto di vitello   仔牛スネ肉のオーブン焼き 

Img_2711

Img_2716

Dolce:Strudel di mele      リンゴのストゥルーデル 

Caffe’

Img_2696

Fullsizerender_2_2


ワインインポーター:パシフィック洋行株式会社  

リストランテ:Villa Magnolia  

IVS JAPAN